静岡市 形成外科 美容皮膚科 皮膚科 フォトフェイシャル しみ しわ にきび スキンケアクリニック

ご予約・ご相談はこちらまで

トップ

クリニック案内

症状別コンテンツ

 

レーザートーニング

肝斑・くすみ・しみ・毛穴の開き・にきび・にきび跡

しみや肝斑の治療はメラニン色素の深さによって、フォトフェイシャルM22〈IPL〉、レーザートーニング、QスイッチYAGレーザーと使い分けていく方が効率よく治ります。レーザートーニングは新開発されたトップハット型レーザーを低出力で照射することにより、フォトフェイシャルM22〈IPL〉では治りにくい肝斑やしみの治療ができます。肝斑やしみのほかにも、開いた毛穴やくすみ、お肌のキメやハリにも効果的で、治療後は肌がツルツルになると多くの方が実感しています。フォトフェイシャルM22〈IPL〉と交互でも可能です。

症例

レーザートーニングの効果をさらに確実にしていくために『ハイドロキノンエレクトロポレーション』の併用をおすすめいたします。
トーニング後は少し赤味やほてりがありますので、治療効果アップと同時にエレクトロポレーションでクーリングするとお肌の鎮静がはかれます。

Copyright (c) Biseikai Skin Care Clinic. All rights reserved.