静岡市 形成外科 美容皮膚科 皮膚科 フォトフェイシャル しみ しわ にきび スキンケアクリニック

ご予約・ご相談はこちらまで

トップ

クリニック案内

症状別コンテンツ

 

*サーマクールCPT

しわ・たるみ・にきび・毛穴の開き・脂性肌

最近の「サーマクールCPT」はメスを使わずにたるみを改善させる治療です。たるみ・しわ取り治療といえば外科手術が主流でしたが、サーマクールCPTの登場で手術をすることなくより安全で高い効果が期待できるようになりました。RF(高周波)を照射すると真皮層内のコラーゲンが収縮することで引き締め効果があらわれ、さらに時間をかけて肌が活性化され若々しい印象の肌へ変化していきます。

●肌をひきしめ、美肌効果を導く理由

加齢とともに、肌がたるむ原因のひとつに、古くなったコラーゲンの蓄積があります。
コラーゲンとは肌(真皮層)の70%以上を構成する繊維状のタンパク質です。
皮膚を支えながら水分を抱え込み、ハリや弾力を保つ働きがあります。
加齢や紫外線によってコラーゲンの再生力が減少すると肌を支える力が弱まり、 たるみやしわを作るのです。

飲むコラーゲンなどもありますが、肌に届くのはそのほんの2%と言われています。
熱を与えて肌の中の新しいコラーゲンを作りだす。
そのメカニズムを利用したのがこの『サーマクールCPT』です。
その熱を加えるのが、RF(高周波)。

本来、コラーゲンの主成分であるタンパク質の再生を起こすためには、50〜60度の熱を与えなければいけません。
しかし、それでは火傷してしまいますがRFは電波の一種で、電子が皮下を移動する時に摩擦熱を起こす性質があり、電気エネルギーであるRFは安全に肌の深部にまでエネルギーを届けることができるのです。

RFは電気メスなどに広く利用されていて、その安全性は確立されています。
RFを肌に照射する際には、治療のはじめから終わりまで、充分に冷却される仕組みになっているので、肌の表面が火傷することもありません。

しわ・たるみでお悩みの方は是非ご相談を

症例
頬のたるみ 治療後3ヶ月

頬のたるみ

 

治療後3ヶ月

目の下のしわ 治療後3ヶ月

目の下のしわ

 

治療後3ヶ月

頬・フェイスラインのたるみ 治療後3ヶ月

頬・フェイスラインのたるみ

 

治療後3ヶ月

Copyright (c) Biseikai Skin Care Clinic. All rights reserved.